2014.07.18

2014年07月18日のニュース・クリップ

マレーシア機墜落、298人死亡か 撃墜めぐり非難応酬:朝日新聞デジタル

ウクライナ東部でマレーシア航空のボーイング777型機が墜落した事件で、ウクライナのポロシェンコ大統領は「テロ攻撃だ」と述べ、親ロシア派武装勢力に撃墜されたとの見方を示した。乗客乗員298人全員が死亡したとみられる。武装勢力側は関与を否定している。

各国航空会社 ウクライナ上空の飛行回避 NHKニュース

これまでにロシアのトランスアエロ航空とアエロフロート航空、ドイツのルフトハンザ航空、トルコ航空など、各国の航空会社がウクライナやウクライナ東部の上空の飛行を取りやめたということです。またフランスの運輸当局も、国内の各航空会社に対しウクライナ上空の飛行を回避するよう促す声明を発表しました。

マレーシア機 なぜウクライナ上空を飛行 NHKニュース

オランダなどヨーロッパから、マレーシアなど東南アジアまで最も短い距離で飛行しようとすれば、ドイツやポーランドを経由してウクライナ上空を通過し、ロシアに抜けるのが最短コースになります。

ベルルスコーニ元首相:買春と職権乱用罪で逆転無罪判決 - 毎日新聞

イタリアのベルルスコーニ元首相(77)が未成年者買春と職権乱用の罪に問われた事件で北部ミラノの高裁は18日、元首相に禁錮7年、公職永久追放を言い渡した昨年6月の1審地裁判決を破棄し、逆転無罪判決を出した。……イタリアは3審制で、判決が確定するまで刑は執行されない。……元首相は実質的に経営するメディア企業の脱税事件で昨年8月に禁錮4年(恩赦法により1年に短縮)の最高裁有罪判決を受け、同年11月に国会から追放された。今年5月から北部ミラノ郊外の老人ホームで週1回、禁錮の代替刑として社会奉仕活動を行っている。

知事に特製「テディベアくまモン」 ドイツ企業-熊本のニュース│ くまにちコム

テディベアを世界で初めて作ったドイツ・シュタイフ社のオーナー、クレア・シュタイフさんが17日、県庁を訪れ、同社と県の友好の証しとして世界に1体だけの特製「テディベアくまモン」を蒲島郁夫知事に贈った。
 特製くまモンは全長90センチ。アンゴラヤギの毛(モヘア)を使い、約5カ月かけて手作りした。


|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年07月18日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 17 July 2014 | トップページ | News Headlines - 18 July 2014 »