2014.07.23

2014年07月23日のニュース・クリップ

マックCEO「だまされた」 中国の期限切れ鶏肉で - MSN産経ニュース

米マクドナルドのドン・トンプソン最高経営責任者(CEO)は22日、期限切れの鶏肉を供給していた中国の食品会社「上海福喜食品」に関し「少しだまされた」との認識を示した。
 4~6月期の決算発表での電話会見で語った。トンプソンCEOは「われわれは調達先を監査している」と述べた上で、「問題の工場からはもう製品の供給を受けていない」と説明した。

【期限切れ鶏肉】外資たたき? 中国紙、「米子会社」を強調 - MSN産経ニュース

上海の食品会社「上海福喜食品」が使用期限切れの鶏肉を販売していた問題で、23日付の中国英字紙チャイナ・デーリーは社説で同社が米企業の子会社であることを強調し「外資だからといって危険な行為が見逃されるべきではない」と批判、「外資たたき」の一面ものぞかせた。
 上海福喜食品は、米食肉大手OSIの子会社。

マレーシア機撃墜、「親ロ派が誤射」の可能性高まる=米当局者 | Reuters

ウクライナ東部で起きたマレーシア航空機撃墜事件で、米政府は、親ロシア派が民間機だと気付かず「誤って」撃ち落としたとの見方を強めていることが分かった。米情報当局者らが22日明らかにした。

英エリザベス女王所有の競走馬から薬物の陽性反応 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

英国のエリザベス女王(Queen Elizabeth II)が所有する競走馬が、薬物検査で陽性反応を示した。バッキンガム宮殿(Buckingham Palace)が22日、発表した。
 昨年、英国競馬で最も権威の高い、アスコット競馬場(Ascot Racecourse)でのゴールドカップ(Gold Cup 2013、G1、芝約4023メートル)で優勝したエスティメート(Estimate)から、禁止薬物のモルヒネの陽性反応が検出された。
 エリザベス女王の競馬顧問が発表した声明によると、「汚染された飼料を摂取」したことが原因という。

マンC のリザーブチーム、フランス人MFが人種差別を受け試合を中止に – サッカーキング

マンチェスター・Cは、クロアチアに遠征中のリザーブチームのフランス人MFセコ・フォファーナが、リエカとの試合中に人種差別行為を受けたため、同試合を中断し、その後の試合をキャンセルしたと、クラブ公式HPで伝えた。


|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536877/60037282

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年07月23日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 22 July 2014 | トップページ | News Headlines - 23 July 2014 »