2015.11.14

2015年11月14日のニュース・クリップ

仏大統領、国家非常事態を宣言 「テロに立ち向かう」  :日本経済新聞

フランスのオランド大統領は13日深夜、テレビを通じ国民向けに演説し、同日夜のパリ同時テロを受け「国家非常事態」を宣言した。「国境を封鎖する」と語った。出入国のチェックを厳格にするとみられる。一連の事件については「前例のないテロ」と指摘。「フランスはテロに立ち向かわなければならない」と述べ、国民に冷静な対応と連帯を呼びかけた。

パリ多発テロ120人死亡 劇場立てこもりの犯人自爆 非常事態宣言 ― スポニチ Sponichi Annex

パリ中心部の劇場や郊外の競技場近くなど少なくとも6カ所で、13日午後9時(日本時間14日午前5時)すぎ、ほぼ同時に乱射や爆発が起きた。フランスのメディアによると、パリ検事局は少なくとも120人が死亡したと発表した。負傷者は約200人に達した。
 劇場では立てこもりが起きたが、治安部隊が突入、犯人らは自爆した。

オバマ大統領 「非道な攻撃 フランスと連携を」 NHKニュース

フランスの首都パリで複数の発砲や爆発が起き、多数が犠牲になっている事件について、アメリカのオバマ大統領は、日本時間の14日午前、ホワイトハウスで声明を発表し、「無実な市民を狙ったこの非道な攻撃は、フランスを狙ったものだけでなく、われわれが共有する普遍的な価値観を狙ったものだ。胸が張り裂けるような状況だ」と強く非難しました。

【パリ多発テロ】フランスVSドイツ サッカー親善試合中に発生 仏大統領、独外相が一緒に観戦 - 産経ニュース

13日のパリの同時多発テロで、付近で爆発が起きたパリ郊外サンドニ市の競技場「スタッド・ド・フランス」では、サッカーのフランス対ドイツ代表の親善試合が行われていた。フランスのオランド大統領とドイツのシュタインマイヤー外相が一緒に観戦していたという。

17日に予定のイングランド対フランス戦は中止の見通し パリ多発テロの余波 - Goal.com

フランス代表はドイツ戦に続いて、17日にはウェンブリーでイングランドとの対戦を予定していた。フランス『レキップ』は、代表チーム広報担当の発言として、この試合が中止になる可能性があるとの見通しを伝えた。


|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015年11月14日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 13 November 2015 | トップページ | News Headlines - 14 November 2015 »