2015.12.03

2015年12月03日のニュース・クリップ

ロシアが北方領土で軍備増強 軋む「辺境」支配、経済圧迫は確実 - 産経ニュース

露政府が7月に承認した「クリール諸島(千島列島と北方領土)発展計画」は、16~25年に700億ルーブル(約1287億円)を投じてインフラ整備を進めることを明記。政府は、極東への移住促進策として土地を国民に無償分与する法案を策定し、北方領土にも適用する方針だ。
 プーチン大統領の支持率はクリミア併合後に8割、シリアでの空爆開始後は9割近くとなった。

ロシアが北方領土に軍事施設 日本政府が表立った批判を控えるワケは? - 産経ニュース

ロシアのショイグ国防相が北方領土の択捉、国後両島で軍関連施設を建設していると発言したことに対し、日本政府内からは懸念の声が相次いだ。ただ、改善基調にある日露関係に水を差したくないとの思惑もにじむ。

ドイツはなぜ難民受け入れに積極的なのか? | THE PAGE(ザ・ページ)

ドイツは財政規律が憲法で義務付けられており、放漫な財政運営を行うことが禁止されています。また好調な経済に支えられ税収が大幅に増加したこともあり、2015年には国債の新規発行が事実上ゼロとなりました。つまりドイツは無借金国家であり、大きな財政出動余力を備えています。ドイツでは、難民支援に財政支出を行うことは、短期的にも長期的にも効果があると判断しているようです。短期的には難民に給付した支援金がそのままGDPの拡大につながり、長期的には難民に対する職業教育が今後のドイツの産業と成長を担うという仕組みです。
 ただ難民の数が増えるにつれて、ドイツ国内にも異論が出てきました。難民受け入れを積極的に進めるメルケル首相には、当初、多くの賞賛が寄せられていましたが、最近では難民政策を批判する人たちも増えています。

ピストリウス被告に「殺人罪」適用、南ア最高裁:AFPBB News

交際相手の女性を射殺したとして殺人罪に問われた南アフリカの両足義足のランナー、オスカー・ピストリウス(Oscar Pistorius)被告(29)の上告審判決で、南アフリカの最高裁判所は3日、過失致死罪を適用した高裁判決を破棄し、殺人罪での有罪を言い渡した。

レアルが国王杯失格も 出場資格がない選手が得点 ― スポニチ Sponichi Annex

先制点を挙げたRマドリードのチェリシェフは、ビリャレアルでプレーしていた昨季、国王杯準決勝で3度目の警告を受けた。チームが敗退したため警告累積による出場停止処分が未消化だった。


|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015年12月03日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 02 December 2015 | トップページ | News Headlines - 03 December 2015 »