2016.07.12

2016年07月12日のニュース・クリップ

米大統領選:サンダース氏、クリントン氏支持を正式表明 - 毎日新聞

米大統領選に向けた民主党候補指名争いで予備選・党員集会を戦ったバーニー・サンダース上院議員(74)は12日、指名を確実にしたヒラリー・クリントン前国務長官(68)が東部ニューハンプシャー州で開いた集会に出席した。サンダース氏は演説でクリントン氏への支持を正式に表明し、11月の本選に向けて挙党態勢をアピールした。

焦点:英次期首相、最初の大仕事は離脱通告の時期決定 | ロイター

離脱の法的根拠となるEU法50条は離脱協議の期限を2年間と定めている。その間に合意に至らなければEUから単純に締め出されるだけだ。そのため、離脱を通告した段階で交渉の主導権は英国からEU側に移ることになる。一部では合意が成立するまで正式な離脱通告を遅らせるべきとの声も出ている。
英弁護士の一部は、将来的に離脱通告を撤回すればEUにとどまることができると主張。ただ、EU当局者はこうした主張について、2年間の協議期間の延長と同様、EU法50条の手続きを取り消すことはその他加盟国から拒否される可能性があるとしている。多くの加盟国は英国をひいきすることに反対している。

広大なマングローブ林が立ち枯れ、気候変動が原因の可能性 豪:AFPBB News

オーストラリア北東部クイーンズランド(Queensland)州の北に位置するカーペンタリア湾(Gulf of Carpentaria)で、数千ヘクタールにわたって生い茂っていたマングローブが枯死してしまったことが分かった。研究者らが11日、発表した。気候変動が原因とみられている。

テニス=シャラポワの五輪出場は絶望的、CAS裁定延期で | ロイター

スポーツ仲裁裁判所(CAS)は11日、女子テニスのマリア・シャラポワ(29、ロシア)がドーピング違反で国際テニス連盟(ITF)から科された2年間の資格停止処分を不服として訴えを起こしたことについて、裁定を9月に延期することを決定した。
元世界ランク1位のシャラポワはリオデジャネイロ五輪のテニス競技でロシアのエントリーリストに含まれていたが、これで出場は絶望的となった。

EUROで見えた歴然たる差。日本と欧州基準は何が違うのか? 強豪国と戦うために求められる抜本的改革 | フットボールチャンネル

EUROはポルトガルの優勝で幕を閉じた。大会中に見えた傾向の1つが堅守を武器に弱小国が強豪国と対等に渡り合う姿だ。果たして今の日本サッカーはこの世界最高峰の戦いに追いつけているだろうか。W杯を見据える上で、日本と欧州基準は何が違うのか。


|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年07月12日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 11 July 2016 | トップページ | News Headlines - 12 July 2016 »