2017.02.01

2017年02月01日のニュース・クリップ

トランプ大統領の入国規制、支持が上回る=調査 | ロイター

入国を制限する大統領令について「強く支持する」と「ある程度支持する」との回答は計49%で、「強く反対する」と「ある程度反対する」は計41%、「分からない」が10%だった。
ただ、民主党支持者では53%が「強く反対する」、共和党支持者では51%が「強く賛成する」と回答し、支持政党による違いが鮮明だった。

英議会、EU離脱計画を原案通り承認の公算 | ロイター

英議会は31日以降、数週間にわたりメイ首相の欧州連合(EU)離脱計画を審議する。親EU派の議員らは計画の修正を求めているが、結局はほぼ原案通りの形で可決され、首相が示す3月末までの離脱交渉開始に間に合うとの見方が強い。

独ダイムラー、米ウーバーと提携 「ロボットタクシー」実現へ :日本経済新聞

独ダイムラーは31日、ライドシェア(相乗り)大手の米ウーバーテクノロジーズと自動運転分野で提携すると発表した。ダイムラーの自動運転車を、ウーバーの相乗りサービスに供給する。自動運転車と相乗りは親和性が高いとされる。両社の提携で無人でヒトを運ぶ「ロボットタクシー」の実現に近づきそうだ。

ノーベル賞のワレサ氏「筆跡鑑定でスパイと証明」 ポーランド検察:AFPBB News

ポーランドの検察当局は1月31日、同国の民主化運動を率い、ノーベル平和賞(Nobel Peace)を受賞したレフ・ワレサ(Lech Walesa)元大統領(73)について、筆跡鑑定の結果、共産主義政権時代に秘密警察に協力するスパイだったことが証明されたと発表した。

本田のミラン残留が決定 移籍市場終盤に届いたハル・シティからのオファーを拒否 | Football ZONE WEB

ACミランの日本代表FW本田圭佑は、現地時間31日に終了した冬の移籍市場では移籍せずにチーム残留が決まったが、イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が冬の移籍市場の終盤に届いたオファーを断ったことを明かしている。
 記事では、本田にオファーを送ったのはイングランド・プレミアリーグのハル・シティだという。


|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017年02月01日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 31 January 2017 | トップページ | News Headlines - 01 February 2017 »