2017.06.21

2017年06月21日のニュース・クリップ

シャンゼリゼ車突入の容疑者、自宅に“武器庫” - 産経ニュース

パリ中心部の繁華街シャンゼリゼ通りで19日、警察車両に乗用車が突っ込んだ事件で、死亡した容疑者の男がパリ近郊の自宅に複数の武器の隠し場所を設けていたことが20日明らかになった。……男はチュニジア系フランス人(31)とされ、拳銃や自動小銃などの火器9丁を所持。男は銃所持の許可を持っており、これらの火器も登録されていたという。

ブリュッセル中央駅で爆破事件 当局、テロと判断  :日本経済新聞

ベルギーの首都ブリュッセルの中央駅の構内で20日午後8時半(日本時間21日午前3時半)ごろ、爆発があった。ベルギー連邦検察は同日記者会見し「テロ攻撃と考えられる」との判断を示した。駅で警備に当たっていた兵士が爆発直後に容疑者とみられる男に発砲し、「制圧」したという。

仏法相が辞任へ、マクロン大統領の側近 国防相に続き:AFPBB News

フランスのフランソワ・バイル(Francois Bayrou)法相は21日、AFPに対し、辞任する意向を明らかにした。……バイル氏が立ち上げた民主運動は共和国前進と同盟関係にあり、超党派の新内閣には民主運動からバイル氏を含め2人が大臣に起用されていた。
 しかし、民主運動が欧州議会の公金を仏国内で働く職員の給料に流用した疑いがあると報じられたことを受け、同党から国防相に任命されていたシルビー・グラール(Sylvie Goulard)氏も20日に辞任を表明していた。

ローマ字化、是か非か=旧ソ連のカザフで論議:時事ドットコム

旧ソ連構成国だった中央アジアのカザフスタンが国際化のため、カザフ語のロシア文字表記をやめてローマ字に変更することを決め、内外で論議を呼んでいる。カザフを自国の影響圏内と見なすロシアは「ロシア離れが進む」と警戒。ただ、若者は既に携帯電話のメールをローマ字で送るなど、移行は時間の問題のようだ。

モウリーニョ氏を脱税で起訴:朝日新聞デジタル

過去にスペイン1部リーグのレアル・マドリードを率いたモウリーニョ氏は2011年と12年に総額330万ユーロ(約4億900万円)の納税を怠った。Rマドリードのロナルドも今月に1470万ユーロの脱税容疑で検察当局に起訴された。ロナルドは不正を否認している。


|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536877/65454661

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年06月21日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 20 June 2017 | トップページ | News Headlines - 21 June 2017 »