2018.04.14

2018年04月14日のニュース・クリップ

米がシリア攻撃、軍関連施設にミサイル 英仏と共同作戦:朝日新聞デジタル

トランプ米大統領は13日午後9時(日本時間14日午前10時)のテレビ演説で、内戦が続くシリアでアサド政権が化学兵器を使用したと断定し、同政権軍の化学兵器関連施設への攻撃命令を下したと発表した。米軍は英仏と共同で攻撃した。トランプ政権による化学兵器使用に絡むシリアへの攻撃は昨年4月に続き2回目。アサド政権の後ろ盾になっているロシアが反発し、米ロの緊張が高まるのは必至だ。

シリアに発射されたミサイル100発超、「かなりの数」は撃墜 ロシア:AFPBB News

ロシア国防省は14日、米国とその同盟国はシリアに向けて巡航ミサイルなどを100発以上を発射したが、そのうちの「かなりの数」はシリアの防空システムによって撃墜されたと発表した。……また、首都ダマスカス近郊の飛行場に対して発射された巡航ミサイル12発は全て、シリアの防空システムによって撃墜されたという。

日野自動車がVWと包括的連携、狙いは? - ITmedia ビジネスオンライン

日野はトヨタ自動車が50.1%を出資する子会社である。日野の下義生社長は人材育成面などでトヨタグループとしての強みがあることは認めつつも、「商用車が直面している課題はトヨタにいるだけでは解決できない。VWとはお客様に提供できる価値という点で、将来のゴールイメージが合致していた」と、今回の提携の狙いについて語った。今後もトヨタとの関係は変わることはなく、トヨタ側からも今回の提携は賛同を受けたという。

国連で「大麻規制」見直しへ、米FDAもパブリックコメント募集 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

米国の連邦レベルで大麻は「スケジュール1」の規制薬物に指定され、処方や効果の研究は厳しい管理下に置かれている。米国は大麻を規制する国際条約にも加盟している。
しかし、国連の世界保健機関(WHO)は大麻やTHC(大麻の有効成分)の規制の見直しに向けて加盟国らが話し合いに参加することを呼びかけている。米国の食品医薬品局(FDA)は国連でのミーティングを前に、人々から意見を募っている。

FIFA新大会を検討、ソフトバンクなど約2兆6800億円の投資計画 - 産経ニュース

日本のソフトバンクを含む投資家グループが国際サッカー連盟(FIFA)に250億ドル(約2兆6800億円)を投資し、新たな大会を創設する計画があると報じた。グループには中国、サウジアラビア、米国などの投資家も含まれる。
 現在7チームで行われているクラブワールドカップ(W杯)を、2021年から24チームに増やして4年に1度の開催とする案や、代表チームによる新大会を2年に1度実施することが検討されているという。


|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536877/66618835

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年04月14日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 13 April 2018 | トップページ | News Headlines - 14 April 2018 »