2018.04.19

2018年04月19日のニュース・クリップ

日米、貿易で新協議=安倍首相「TPP最善」、トランプ大統領「2国間で」:時事ドットコム

日米間で新たな貿易協議を開始することで合意した。ただ、首相が環太平洋連携協定(TPP)への米国復帰を促したのに対し、トランプ氏は「2国間協定が好ましい」と主張して立場の違いが浮き彫りとなった。両首脳は北朝鮮の非核化まで最大限の圧力を維持することで一致。トランプ氏は拉致問題解決への協力を重ねて表明した。
 貿易協議は麻生太郎副総理兼財務相とペンス副大統領による日米経済対話の下部組織と位置付け、茂木敏充経済再生相とライトハイザー米通商代表が担当。貿易枠組みのほか、米政府が決めた鉄鋼・アルミニウム輸入制限からの日本除外などが焦点となる。協議の通称は「FFR」で、「自由(free)」「公正(fair)」「相互的(reciprocal)」の頭文字を取った。

説得奏功、トランプ米大統領「シンゾーの情熱乗り移った」 安倍晋三首相「拉致解決しないと政治生命終えられぬ」 - 産経ニュース

拉致問題の話題ではトランプ氏は神妙な面持ちになり、最後にこう語った。
 「拉致問題へのシンゾーの情熱はすごいな。貿易問題とは迫力が違う。長年執念を燃やし、決してあきらめない態度はビューティフルだ。シンゾーの情熱が自分にも乗り移ったよ。私も拉致被害者のご家族にもお会いしたんだ。最大限の努力をするよ!」

米、中国大手2社の通信機器 調達禁止へ :日本経済新聞

米連邦通信委員会(FCC)は17日、国内の通信会社に対し、安全保障上の懸念がある外国企業から通信機器を調達するのを禁じる方針を決めた。対象企業は今後詰めるが、華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)の中国大手2社を念頭に置く。中国政府のスパイ活動に使われることを警戒する。激しい貿易摩擦を抱える米中の新たな火種となりそうだ。

アマゾン、有料会員1億人 全顧客の3分の1 株主に初公表 :日本経済新聞

米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は18日に公表した株主宛ての書簡の中で、配送料免除などの特典がある有料の「プライム」会員が世界で1億人を突破したと明らかにした。アマゾンのネット通販の顧客数は世界で3億人超とされ、およそ3分の1が有料サービスに加入していることになる。

「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能潜水艦が見つかる  | ニューズウィーク日本版

第二次世界大戦末期におけるドイツ劣勢のなか、ナチス崩壊とともにベルリンの総統官邸の地下壕で妻と自殺したとされる独裁者アドルフ・ヒトラー。だが一方で、極秘に南米に逃げ延びたという説も長年囁かれ、戦後ミステリーの1つとして知られている。……デンマークのTV2の報道によると、連合軍の手を逃れたヒトラーを含むナチス幹部が乗っていたと有力視されていたドイツ軍の潜水艦(Uボート)「U-3523」が、デンマーク最北端スカーゲンから北に約18.5キロメートルの沖合、深さ134メートルの海底で見つかった。撃沈された当時の報告から、西に約14.5キロメートル離れた地点だった。


|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年04月19日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 18 April 2018 | トップページ | News Headlines - 19 April 2018 »