2018.08.12

2018年08月12日のニュース・クリップ

移民、EU全体で対応を 独スペイン首脳会談 - 産経ニュース

ドイツのメルケル首相は11日、スペイン南部サンルカルデバラメダを訪問し、同国のサンチェス首相と会談した。スペイン首相府によると、両首脳は主要議題となった移民・難民の欧州流入に関し、欧州連合(EU)全体で対応し、受け入れには各国の連帯が必要だとの認識で一致した。

ベテラン政治家はもういらない? 若返る欧州政治に「レッテル貼り」では見えぬ変化 - 産経ニュース

いまの主役は30~40代だ。フランスで昨年、マクロン大統領が39歳で就任したのに続き、オーストリアでは31歳のクルツ首相が誕生。イタリアのポピュリズム(大衆迎合主義)政権は「同盟」のサルビーニ内相(45)、「五つ星運動」のディマイオ労働相(32)の連立2党代表が動かす。スペインでラホイ氏の後を継いだ保守・国民党のカサド党首は37歳で、社会労働党のサンチェス首相(46)から政権奪回を狙う。
 もともと、政界エスタブリッシュメントの外にいた若い指導者たち。当初は「政治不信を吸収しただけ」と揶揄(やゆ)されたが、公約を即実行に移すスピード感で旧世代との違いを確実に示した。……マクロン大統領は就任1年で、選挙公約をほぼ全部実行した。

太陽に接近するNASAの探査機は、こうして溶けずに高温に耐える|WIRED.jp

太陽への最初の接近は11月に予定されている。集められたデータは、太陽のフレアの発生や宇宙の天気の突発的な変化を予知するモデルを構築するために使われる。これらは衛星に不具合を起こし、国際宇宙ステーションの宇宙飛行士たちを危険に晒し、そして地球上の電力系統を破壊する可能性があるからだ。
測定結果を得ることは簡単ではない。パーカーは太陽の表面から400万マイル(約644万km)以内に近づかねばならない。つまり、太陽の焼けつくような明るさに晒されながら、温度が50万℃度以上にもなるなかを飛行することになる。そのなかでもこの小さな探査機は、次のような仕組みによって溶けずにいられるようになっている。

巨大な炎の竜巻 カメラが捉える、イギリス TBS NEWS

地面から立ち上る炎の柱。黒い煙が空一面に広がっています。イギリス中部ダービーで7日、プラスチック製品の工場で火事が起き、消防隊が消火活動にあたっていたところ巨大な「炎の竜巻」が突然発生。その様子を消防士のカメラが捉えました。
 「炎の竜巻」は「火災旋風」といわれる現象で、映像を撮影した消防隊によりますと、火によって暖まった空気が炎や灰を巻き込んで上昇する際に発生するということです。

クルトワ、レアル移籍は2人の子供のため…代理人「家族以外にチェルシー退団する理由ない」 | Goal.com

過去にチェルシーからのレンタル移籍によってアトレティコ・マドリーでプレーしたクルトワは、スペインの首都に2人の子供がおり、ロンドンでは彼らと離れて暮らしていた。……同選手の代理人クリストフ・ヘンロタイ氏によれば、子供たちの存在がレアル移籍の決め手になったという。
「もし、彼の家族がロンドンにいたならば、彼はチェルシーに残っていたはずだ。タイトルを勝ち続けることができる、チェルシーのようなクラブを退団する理由などない」


|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年08月12日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 11 August 2018 | トップページ | News Headlines - 12 August 2018 »