2018.11.24

2018年11月24日のニュース・クリップ

2025年 大阪万博が決定、55年ぶり  :日本経済新聞

2025年国際博覧会(万博)を日本(大阪)で開くことが23日(日本時間24日未明)、パリで開かれた博覧会国際事務局(BIE)総会で決まった。……立候補したのは日本のほか、ロシア(エカテリンブルク)、アゼルバイジャン(バクー)。BIEに加盟する170カ国のうち、分担金を支払った156カ国が無記名投票で決めた。1回目の投票は日本が85票、ロシアが48票、アゼルバイジャンが23票。3分の2以上を集めた国がなかったため、上位2カ国による決選投票が行われた。日本は92票を獲得し、61票のロシアに圧勝した。

ロシアからの国防システム購入は完了、キャンセル不可=トルコ外相 | ロイター

トルコのチャブシオール外相は20日、トルコ政府によるロシアの地対空ミサイルシステムS400の購入は完了しており、キャンセルできないと明らかにした。その上で、トルコ政府はさらなる国防物資の調達を必要としており、それらを米国から購入する可能性があるとした。
北大西洋条約機構(NATO)加盟国であるトルコがNATOと緊張関係にあるロシアからS400を購入したことを受け、米国など他のNATO加盟国は、中東地域におけるロシアの影響力拡大に警戒感を募らせている。

南北鉄道連結調査で国連制裁の適用免除、「米国と国際社会から支持」と韓国:AFPBB News

国連安全保障理事会(UN Security Council)は、韓国と北朝鮮の鉄道連結に関する共同調査について、北朝鮮に対する制裁の適用を免除した。韓国大統領府が24日、明らかにした。……韓国側は機関車用の燃料など、調査のための物資を北朝鮮に持ち込む意向だという。
 北朝鮮への燃料の持ち込みは、同国の石油精製品の輸入上限を年間50万バレルとした国連制裁に違反する可能性があった。

「ヌテラ」にライバル出現か、伊パスタ会社がチョコペースト発売へ | ロイター

青い箱に入ったスパゲッティなどで知られるパスタメーカー、バリラは、来年にチョコスプレッド「クレマ・パン・ディ・ステッレ」の発売を計画している。
「ヌテラ」は家族経営企業フェレロの商品。年間売り上げは20億ユーロ(約2567億円)を超え、世界市場でのシェアは54%に上る。……バリラが計画している商品は、パーム油の使用という「ヌテラ」の「弱点」を利用しようとしていると指摘。……バリラの商品はヒマワリ油やイタリア産ヘーゼルナッツを使うとみられる。

堂安律は「冬は残ってほしいが夏には…」。監督が移籍への見通し示す | フットボールチャンネル

オランダ1部のフローニンゲンを率いるダニー・バイス監督は、同クラブに所属する日本代表MF堂安律について、遅くとも今季終了後には他クラブへ移籍するという考えを示した。オランダ『DVHN』に語ったとして複数メディアが伝えている。
 昨季からフローニンゲンに在籍する堂安は、欧州で急速に評価を高め、オランダ国内外の各国ビッグクラブが獲得に関心を示していると噂されている。早ければ来年1月の移籍市場で争奪戦が本格化する可能性もありそうだ。


|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536877/67423157

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年11月24日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 23 November 2018 | トップページ | News Headlines - 24 November 2018 »