2018.12.14

2018年12月14日のニュース・クリップ

在日米軍撤退要求も協議 平和条約交渉でロ外務省  :日本経済新聞

欧州中央銀行(ECB)は13日の理事会で、民間銀行が持つ国債などを買って市場にお金を流す量的緩和を12月中に終えると正式に決めた。……ECBは毎月買い増している国債などの規模を10月から月150億ユーロ(約1・9兆円)に半減させており、12月中にやめることを確認した。……ECBが買い入れてきた国債などの資産の規模は2・5兆ユーロ(約320兆円)を超え、当面はこの資産規模を維持する。

仏政府、ルノーCEO後任候補選びに着手 トヨタ幹部も=関係筋 | ロイター

取締役会はゴーン氏の解任を再び見送り、現時点で不正は見つかっていないとの声明を出した。……5時間にわたる会議では、ブレア元英首相の妻、シェリー・ブレア氏をはじめ複数の取締役がこうした見解にいら立ちを示した。……関係筋の1人は「まだ公式ではないが、政府は候補者選びに取り組んでいる。政府は次のページに進む用意がある」とした上で、トヨタ自動車幹部のディディエ・ルロイ氏が検討されると述べた。

仏銃撃テロ容疑者を射殺 仏内相発表 IS関与主張 - 産経ニュース

フランス東部ストラスブール市で11日に起きた銃撃テロで、逃走していたシェリフ・シェカット容疑者(29)が13日、市南部で警察に発見され、その場で射殺された。イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)は13日、系列メディアを通じて犯行への関与を主張した。

EUが首脳声明、アイルランド国境問題巡る安全策は一時的措置 | ロイター

欧州連合(EU)首脳会議は13日、英EU離脱案を巡る英国の懸念を払拭するための声明を発表した。アイルランドとの厳格な国境管理を回避するための(バックストップ)について、発動されても一時的な措置とする方針を示した。

伝統か人種差別か 冬のオランダを分断する黒塗り論争 - 毎日新聞

赤い冠とマントをまとい、白く長いひげをたくわえたシンタクラース(聖ニコラウス)がプレゼントを届けにやってくる。オランダ移民と共に開拓時代の米国に伝わったこの風習は、「サンタクロース」に姿を変えてクリスマスの象徴として定着したとされる。……伝承によるとシンタクラースは11月半ばにスペインから蒸気船に乗って到着し、白馬とピートを従えてプレゼントを配る旅に出る。19世紀半ばに出版された絵本がこの設定の元になっているようだ。……多くの場合、従者のピートは白人が顔を黒く塗り、唇を赤く誇張したメークに縮れ毛のかつらをかぶって仮装する。


|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年12月14日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 13 December 2018 | トップページ | News Headlines - 14 December 2018 »