2019.01.05

2019年01月05日のニュース・クリップ

パウエルFRB議長「今年は柔軟な政策決定が可能」 - WSJ

米連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長は4日、インフレ率が抑えられているため向こう1年はより柔軟な政策決定が可能だとし、FRBは利上げに向けた既定路線を進んでいるわけではないと述べた。
 パウエル氏は米アトランタでFRB議長経験者らとのパネルディスカッションに参加。その中で、最近の市場の乱高下を踏まえ「政策を迅速かつ柔軟に調整し、適切なら、経済を支える政策手段を総動員する用意がある」と語った。

NY株急反発746ドル高 FRB議長が利上げ回数減を示唆:一面:中日新聞(CHUNICHI Web)

四日のニューヨーク株式市場のダウ工業株三十種平均は大幅に反発し、前日比七四六・九四ドル高の二万三四三三・一六ドルで取引を終えた。好調な雇用統計のほか、米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が景気に配慮して金融政策を調整する姿勢を示したことが好感され、ダウの上げ幅は一時八三〇ドルを超えた。
 中国が金融緩和に踏み切ったほか、米中協議が来週再開されるなど好材料が多く、市場の不安心理が後退した。また世界的な株安のきっかけとなった「アップル・ショック」で売られすぎたテクノロジー株を買い戻す動きも広がった。

米マリオット 旅券番号500万件、暗号化されず流出  :日本経済新聞

ホテルチェーン世界最大手の米マリオット・インターナショナルは4日、2018年11月に公表した顧客情報の大量流出が、暗号化されていないパスポート番号500万人分を含んでいたと公表した。当初、最大5億人としていた流出件数については最大3億8300万人に下方修正した。情報が流出したのはマリオットが16年に買収した同業米スターウッド・ホテルズ・アンド・リゾーツ・ワールドワイドの予約データベース。14年以降、不正アクセスによる情報流出が続いていたことが18年9月に発覚した。

ルーブル入館者1千万人超 18年、過去最高に - 産経ニュース

パリのルーブル美術館は5日までに、2018年の入館者数が前年比25%増の約1020万人に上り、過去最高を更新したと発表した。……15年の同時多発テロなどで落ち込んだパリへの外国人観光客数が回復していることや、米人気歌手ビヨンセさんとラッパーのジェイ・Zさん夫妻がミュージックビデオを館内で撮影したことなどを理由に挙げた。

米歌手ブリトニー・スピアーズさん、無期限活動休止 父の看病で:AFPBB News

米歌手のブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)さん(37)は4日、病気の父親を看病するため無期限で活動を休止することを発表した。……ブリトニーさんは、「今は家族のことに集中し全てをささげる」ことを決断したという。ブリトニーさんの父ジェイミー(Jamie Spears)さんは結腸破裂を患ったが、完治できる見込みだと報じられている。


|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2019年01月05日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 04 January 2019 | トップページ | News Headlines - 05 January 2019 »