2019.01.07

2019年01月07日のニュース・クリップ

米朝再会談開催地「近く公表」=交渉中とトランプ氏:時事ドットコム

トランプ米大統領は6日、ホワイトハウスで記者団に、2回目の米朝首脳会談について、「開催場所を交渉している」と語った。「恐らく(開催地は)近いうちに発表されるだろう」とも述べ、実現に楽観的な見通しを示した。
 ただ、北朝鮮が求める制裁解除について、トランプ氏は「制裁は維持される」と強調し、応じない構えを示した。

クイーンのギタリスト、ブライアン・メイさんも協力呼び掛け 県民投票までの名護市辺野古埋め立て工事の中止を求めるホワイトハウス請願署名 - 琉球新報

米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、県民投票が行われるまで埋め立て工事を中止することを求めるホワイトハウスの請願署名で、英ロックグループ、クイーンのギタリストで天文学者のブライアン・メイさんがSNS(会員制交流サイト)のインスタグラムとツイッター(短文投稿サイト)で署名への協力を呼び掛けている。自身も署名をしたとみられる。

ゴーン容疑者息子「父の主張、驚くだろう」 8日出廷めぐり仏紙に語る - 産経ニュース

特別背任容疑で再逮捕された日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者の息子、アンソニー・ゴーン氏(24)が6日付の仏日曜紙ジュルナル・デュ・ディマンシュのインタビューで、8日の勾留理由開示の手続きへのゴーン容疑者の出廷について「容疑に対して初めて主張できる場となる。みんな彼の訴えを聞いて驚くだろう」と述べた。そのうえで、長期勾留を可能にする日本の司法制度を批判した。

CNN.co.jp : エボラ疑いの男性、感染なし判明 スウェーデン

スウェーデン南部のウプサラ大学病院は4日、エボラ出血熱に感染した疑いがある患者を隔離していた問題で複数回の検査の結果、感染していないことが判明したと発表した。
感染が疑われ隔離されていた男性の容体は改善して安定しており、出血ももうないとした。……同病院の幹部によると、男性はアフリカ中部ブルンジに約3週間滞在し、3週間前にスウェーデンに帰国していた。ブルンジで訪れた場所は大半が都市部だった。同国ではエボラ感染が進んでいるとの情報はないともした。

CNN.co.jp : 元イングランド代表のルーニーを逮捕、公共の場で泥酔 米

サッカーのイングランド代表で活躍した経歴を持つウェイン・ルーニー選手が米国で逮捕され、拘置所に収容されていたことが7日までに分かった。……ルーニー選手は先月16日、米バージニア州にあるワシントン・ダレス国際空港で空港警察により逮捕された。地元当局によれば、誓約保証金を支払って釈放されたという。
地元裁判所はオンライン上で公開した情報の中で、ルーニー選手の逮捕理由について、「公共の場での悪態ならびに酩酊(めいてい)」と説明した。バージニア州の州法では、こうした行為は軽犯罪に相当する。


|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2019年01月07日のニュース・クリップ:

« News Headlines - 06 January 2019 | トップページ | News Headlines - 07 January 2019 »