2019.04.07

2019年04月07日のニュース・クリップ

黒海で対ロシア警戒強化=NATO、艦船派遣-外相理:AFPBB News

北大西洋条約機構(NATO)は創設70周年に当たる4日、ワシントンで外相理事会を開催した。ロシアによるウクライナ艦船拿捕(だほ)を受けて緊迫する黒海周辺での軍事プレゼンス強化で合意した。……NATO加盟国が黒海に艦船を派遣するとともに上空からの監視を強化し、黒海海域を航行するウクライナ艦船の安全を確保するのが狙い。

墜落事故「システムが誤作動」 ボーイングCEO認める:朝日新聞デジタル

米ボーイングの最新鋭小型機「737MAX」で相次いだ墜落事故は、失速防止システムの不具合が原因の一つだったと、同社が初めて認めた。……3月に起きたエチオピアでの墜落事故をめぐり、エチオピア当局が4日、暫定調査報告書の概要を公表。これを受けてボーイングのデニス・ミュイレンバーグ最高経営責任者(CEO)は同日、動画メッセージを出し、犠牲者に「sorry(申し訳ない)」との言葉を初めて使うことで一定の責任を認めた。

Altaba(旧米Yahoo!)、Alibaba株売却で解散へ - ITmedia NEWS

米Altaba(旧Yahoo!)は4月2日(現地時間)、保有する中国Alibaba株式を段階的に売却し、企業を解散すると発表した。同社はAlibabaの公開株式の11%を保有する2番目の大株主(筆頭株主はソフトバンク)だった。この売却で株主が獲得する利益は約400億ドルになる見込みだ。
 Altabaは、米Yahoo!が主要事業を米Verizonに売却して投資会社となった際、変更した企業名。この解散で、企業としての米Yahoo!は完全になくなる。なお、Yahoo!の米国でのサービスは現在、Verizon傘下のVerizon Media Groupの1メディアとして存続している。
 Altabaと社名変更した時点ではAlibaba株の他にヤフー日本法人株の約35%も保有していたが、こちらは昨年9月に売却している。

北欧諸国のレイプ被害者対応に不備、アムネスティが非難:AFPBB News

国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)は3日、男女平等における先進地域として名高い北欧4か国で、「レイプ事件が驚くほどの高水準に上って」おり、被害者への対処もうまくいっていないとする報告書を発表した。
 この報告書は、デンマーク、フィンランド、ノルウェー、スウェーデンの4か国でのレイプ事件に注目。法律面での欠陥、有害な「レイプ神話」、ステレオタイプなジェンダー観によって、加害者たちが「罰を受けない風土」が醸成されていると説明した。

ベルギーに水中撮影スタジオ開設、嵐のシーンもOK - ロイター

ベルギーの首都ブリュッセルの郊外に、深さ9メートルのプールでの撮影が可能なハイテクスタジオ「ライツ」がオープンした。
可動式の床が設置されており、陸上で作った映画のセットを乗せて水中へ下ろすことが可能。プールサイドからはクレーンで25トンの重さのものを吊り上げられるほか、演技を指導するスタッフが待機できる。波を起こす機械や送風機もあり、嵐の場面を撮影できる環境が完備されている。……スウェーデン人監督ヨアキム・ヘーデン氏が、ここでの映画撮影を予定しているという。

|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« News Headlines - 06 April 2019 | トップページ | News Headlines - 07 April 2019 »