2019.05.19

2019年05月19日のニュース・クリップ

CNN.co.jp : 豪総選挙、与党連合が予想外の勝利 モリソン首相続投へ
18日投開票のオーストラリア総選挙は、与党保守連合(自由党、国民党)が下院選(定数151)で予想外の勝利を収め、モリソン首相の続投が確実になった。……優勢が伝えらえていた野党労働党のショーテン党首は、南東部の主要都市メルボルンでの演説で敗北を認め、「我々が易しいことでなく、正しいことを主張したのを誇りに思う」と語った。
北極海の漁業協定を承認 日米中ロなど10カ国・機関で  :日本経済新聞
北極海中央部の公海で日本、米国、中国、ロシアなど10カ国・機関が漁業資源を共同管理する協定が17日、参院本会議で全会一致で承認された。全加盟国の批准後、2年以内に海域に生息する魚種や漁獲量を調査する。……協定の加盟国は米国、カナダ、ロシア、ノルウェー、デンマークの北極海沿岸5カ国と、日本、中国、韓国、アイスランド、欧州連合(EU)。ロシアとEUが既に国内・域内手続きを終えた。
日本人そっぽの峠越え、外国人に大人気 英テレビで注目:朝日新聞デジタル
江戸時代の宿場町の雰囲気が残る長野県南木曽町の妻籠(つまご)宿と、岐阜県中津川市の馬籠(まごめ)宿。両宿を結ぶ旧中山道の馬籠峠を歩く外国人ハイカーが、近年増加している。英国のテレビ放送などで知名度が上昇。2018年度は65の国・地域の人が訪れ、初めて3万人を突破した。……18年度の65の国・地域のうち、33カ国は英国のほか、フランス、スペイン、ドイツなどのヨーロッパからだった。
いま「くじ引き民主主義」がヨーロッパで流行中、その社会的背景 | 現代ビジネス
マクロン大統領は4月25日に2時間近くに及ぶ記者会見で、幾つかの改革案を提案した。内容は、選挙制度改革や議員定数の削減、地方分権推進など多岐に渡った。 その中に、少々意外な提案があったことをご存知だろうか。それは、環境問題を討議する新たな評議会の代表や、法案の諮問機関である「経済社会環境評議会」の議員の一部を、市民からの「抽選制」によって選ぶというものである。……憲法改正を討議するためにアイスランドが2010年に市民1000人を抽選で選んだ事例や、やはり憲法事案についての意見を集めるためにアイルランドが2012年に66名の市民を抽選している。最近では、ベルギーが、国の政策について意見を具申する市民から抽選した委員による審議会を2019年中に設置する発表された。
容赦ないマンC、8年ぶりFA杯制覇!イングランド史上初の国内3冠を達成 | ゲキサカ
18日、FAカップ(国内杯)決勝がウェンブリー・スタジアムで行われ、マンチェスター・シティがワトフォードを6-0で下し、2010-11シーズン以来8年ぶり6度目の優勝を果たした。なお、リーグ戦とリーグカップ、FA杯の国内3冠はイングランド史上初となる。

|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« News Headlines - 18 May 2019 | トップページ | News Headlines - 19 May 2019 »