2019.05.28

2019年05月28日のニュース・クリップ

独社民党、欧州議会選・地方選で敗北 政権に打撃 :日本経済新聞

欧州議会で最も多くの議席が割り当てられているドイツで26日、同議会選挙と地方議会選挙があり、国政第2党のドイツ社会民主党(SPD)がいずれも惨敗し、メルケル政権に打撃となりそうだ。SPDはメルケル氏のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と大連立を組むが党勢退潮に歯止めがかからず、連立離脱を求める声が党内で強まりかねない情勢だ。
SPDの欧州議会選での得票率は前回(2014年)より11ポイント以上低い15%程度と過去最低になる見込みだ。20%程度を獲得した緑の党を下回り、第3党に転落する。

東京新聞:ギリシャ、前倒しで総選挙へ 首相表明、6月30日か

ギリシャのチプラス首相は26日、欧州議会選で与党、急進左派連合(SYRIZA)が期待通りの結果が得られなかったとして、議会を解散し、今秋予定されていた総選挙を前倒しする意向を表明した。……ギリシャでは5月26日に欧州議会選が実施され、最大野党の新民主主義党(ND)がSYRIZAに勝利したとして、チプラス氏の退陣を求めた。

欧州で差別、日本にはじかれ…「排外右派」日系人の原点:朝日新聞デジタル

欧州を席巻する排外主義的な右派ポピュリズムの動きの中心に一人の日系人がいる。チェコの右翼政党「自由と直接民主主義」を率いるトミオ・オカムラ氏(46)だ。なぜ日系人のオカムラ氏がチェコで反イスラム移民を訴えるのか。プラハで本人に聞いた。

エベレストで死んだ登山家、「渋滞」の危険を警告していた | ニューズウィーク日本版

世界最高峰のエベレスト山では今季の登山シーズン、死亡者が相次いでいる。その一人、イギリス人登山家ロビン・ヘインズ・フィッシャーは、ソーシャルメディアへの生前最後の投稿で、山の混雑ぶりについて警鐘を鳴らしていた。フィッシャーは5月25日に山頂から下山中、標高約8600メートルの地点で死亡した。原因は高山病と思われる。
フィッシャーは5月19日付けでインスタグラムに投稿し、「混雑を避けて登頂したいと考えている。どうやら、多くの登山隊が21日に登頂を目指しているようだ」とコメントした。……さらに、直前の1週間でガイドを含めて700人ほどが山頂を目指したとし、自分は人が減るのを期待して登頂を遅らせ、5月25日に頂上を目指すつもりだと述べた。

スペインで八百長発覚…“銀河系最強軍団”の一員、元レアルDFら逮捕 | ゲキサカ

リーガ・エスパニョーラで八百長問題が発覚した。スペイン紙『セルビメディア』は28日、2000年代に“銀河系最強軍団”と称されたレアル・マドリーでプレーしていた元DFラウール・ブラーボが首謀者とみられ、すでに逮捕されたと報じた。
 問題には昨季19位だったウエスカが大きく関与。

|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« News Headlines - 27 May 2019 | トップページ | News Headlines - 28 May 2019 »