2019.05.20

2019年05月20日のニュース・クリップ

米グーグル、ファーウェイとの一部ビジネス停止=関係筋 - ロイター
米アルファベット傘下グーグルは、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)へのソフトの提供など一部ビジネスを停止した。関係筋が19日にロイターに明らかにした。米政府がファーウェイへの事実上の輸出規制を決めたことを受けた。
トヨタ、米政権に不満…輸入車規制に反対声明 : 読売新聞オンライン
トヨタ自動車の米国法人は17日、トランプ米大統領が検討している輸入自動車への規制に反対する声明を発表した。トランプ氏が、輸入車や輸入部品の増加を安全保障上の脅威と位置づけたことを念頭に、「我々の事業と従業員は米国経済に大きく貢献しており、安全保障上の脅威ではない」と主張した。  声明では、トヨタが米国で約60年にわたり、47万5000人以上を雇用し、600億ドル(約6兆6000億円)以上を投資してきたと説明。トヨタ車が米国で3600万台以上走っているとも指摘した。
[FT] ベルサイユ動画が見せたゴーン被告の「勘違い」
ルイ14世をテーマに、63万5000ユーロかけて宮殿で開く晩さん会はどれほど豪華なものなのだろうか。……答えは動画サイトのユーチューブにあった。……ベルサイユ宮殿でのパーティーと、RNBVが負担したとされる63万5000ユーロの費用について釈明するのは容易ではないはずだ。……祝宴の日はゴーン被告の60歳の誕生日にもぴったり重なり、消息筋によれば、ゲストリストは連合の直接的な取引先よりも個人的な友人、家族の方がかなり多かった。 さらに重要なことに、企業連合を祝うパーティーには推定160人の招待客がいたものの、日産トップクラスの日本人幹部は誰も出席しなかったとみられており、連合からは従業員2人だけが招待されたと考えられている。
CNN.co.jp : 独バイエルに2200億円の賠償認定、除草剤めぐる米訴訟で
米カリフォルニア州の裁判所の陪審はこのほど、除草剤「ラウンドアップ」の使用が原因でがんを発症したとする訴訟に対して、メーカー側に20億ドル(約2200億円)余りの賠償金を支払う責任があると認める評決を下した。これを受け、製造元の米モンサントを昨年買収した独製薬大手バイエルに、巨額の法務費用がのしかかる可能性が浮上している。……これに先駆け、バイエルに対しては別の2件の訴訟でも賠償責任が認定されていた。
オーストリア、9月に総選挙=極右党首辞任で連立解消:時事ドットコム
オーストリアのクルツ首相は18日、ウィーンで記者会見し、国民議会(下院)の選挙実施をファンデアベレン大統領に提案したと発表した。連立与党の極右・自由党党首のシュトラッヘ副首相が同日、ロシアとの関係をめぐるスキャンダルで辞任したことを受け、連立解消を決定。自身が率いる中道右派・国民党は単独過半数に届かないため、選挙に踏み切った。

|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« News Headlines - 19 May 2019 | トップページ | News Headlines - 20 May 2019 »