2019.06.05

2019年06月05日のニュース・クリップ

ゴーン被告関与の不適切支出疑惑、13億円 ルノーが発表 :日本経済新聞
フランス自動車大手ルノーは4日、日仏連合を組む日産自動車との合弁会社「ルノー日産BV」(RNBV)で、計1100万ユーロ(約13億円)の不適切な支出がなされた疑いがあるとの調査結果を発表した。ルノー前会長兼最高経営責任者(CEO)のカルロス・ゴーン被告が指示した支出を含み、ルノーはRNBVがあるオランダでの法的措置を検討するとしている。
東京新聞:副党首3人で独社民党運営 党首辞任了承
ドイツ大連立政権の一角を成す第二党の中道左派、社会民主党(SPD)は三日の幹部会合で、ナーレス党首の辞任を正式に了承した。後任党首が決まるまでは暫定的に副党首三人が党運営のリーダーシップを担うと明らかにした。  会合後に記者会見した副党首らによると、二十四日の幹部会合で、次期党首選の期日や選び方、党首を二人体制とするかなどを決める方針。
中国政府が米国留学について注意喚起 「中国人留学生のビザに制約」:AFPBB News
中国政府・教育部は3日、「2019年第1号留学事前警告」を発表し、中国留学生が正常に米国に渡航し、米国において学業を順調に完了することに影響が出ているとして、大学生や研究者に向けて事前の準備をしっかりするよう注意を喚起した。……問題の背景には、米国が2018年以来、「反スパイ」を理由として渡米する中国人の多くに、ビザ発給を制限していることがある。中国の国家留学基金委員会の統計によると、中国は2018年に公費留学生1万313人を米国に派遣する計画だったが、うち331人がビザの問題で米国に行けなかった。今年第1四半期には、米国に派遣される計画だった公費留学生1353人中182人がビザの問題で渡航できなかった。
トランプ氏訪英で25万人デモ=「赤ちゃん」巨大風船も:時事ドットコム
トランプ米大統領の国賓訪英に反対する大規模デモが4日、ロンドンで行われた。米英首脳会談に合わせたもので、全国各地から推定で約25万人が参加。「共にトランプに対抗しよう」をスローガンに、人種差別的とされるトランプ氏の政策に抗議の意を示した。……議事堂前広場には抗議の一環として、トランプ氏をおむつ姿の赤ちゃんに見立てた巨大風船「トランプベビー」が掲げられた。
実は危険な競馬、米国では年間約500頭が死亡 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
だが、その人気とは裏腹に、競馬は競走馬にとっても騎手にとっても危険なスポーツだ。米国ジョッキークラブの公式データによると、米国では2018年だけで493頭の競走馬がレース中の事故が原因で死んでいる。  死因の大半は、四肢の損傷に関するものだ。その他の死因として、呼吸器不全、消化器不全、多臓器不全が続く。  カリフォルニア州にあるサンタアニタパーク競馬場では、ここ数カ月で23頭の馬が死んでいるが、そのほとんどが四肢の損傷による。カリフォルニア州競馬委員会で競走馬の診察を統括しているリック・アーサー氏は、その原因と考えられるものとして、競走馬をめぐる過酷な状況をあげる。

|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« News Headlines - 04 June 2019 | トップページ | News Headlines - 05 June 2019 »