2019.07.06

2019年07月06日のニュース・クリップ

クロアチア、ユーロ加盟の準備段階に向け手続き開始へ=財務相 - ロイター
クロアチアのマリッチ財務相は3日、ユーロ加盟の準備段階となる欧州為替相場メカニズム2(ERM2)への加盟手続きを週内に開始すると表明した。……クロアチアは来年、ERM2への参加が認められることを期待している。その後は、欧州中央銀行(ECB)とユーロ圏諸国が承認すれば、早ければ2023年にユーロ導入が可能になる。 中銀が今年実施した調査では、クロアチア国民の52%がユーロ導入を支持し、40%が反対した。
量子コンピューター、多彩な方式 「幻の粒子」使う案も:朝日新聞デジタル
未来の計算機と期待される量子コンピューターの開発競争が広がっている。……実用化に最も近いのが、「アニーリング」型だ。……カナダのD―Wave社は2011年、東京工業大の西森秀稔教授らが磁性体の研究で見つけた理論を応用した「初の商用量子コンピューター」を発表した。……IBMやグーグル、マイクロソフトのような巨大企業の参入も相次ぐ。超電導素子のほか、イオン化した原子にレーザーを当てて制御するイオントラップ方式などが考案され、動作を確認できる実機も公開され始めた。「幻の粒子」と呼ばれるマヨラナ粒子を使う案すらある。
イランの石油タンカー拿捕=「違法」と英に抗議-ジブラルタル沖:時事ドットコム
イベリア半島南端の英領ジブラルタルの自治政府は4日、欧州連合(EU)の制裁に違反してシリアへ原油を輸送していた疑いのある大型タンカーを拿捕(だほ)したと発表した。拿捕されたのはイランの石油タンカーとみられ、イラン外務省は、イラン駐在の英大使を呼び「拿捕は違法だ」と抗議した。
英蘭シェル、日本の電力小売りに参入  :日本経済新聞
石油世界大手の英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルは日本の電力小売市場に参入し、販売を始めた。蓄電池を活用した再生可能エネルギーの需給を制御するシステムの提供も検討する。……家庭用の太陽光発電による電力の余剰分を買い取る制度は09年11月に始まり、今年11月以降に期限を迎える家庭が出てくる。19年だけで53万戸、23年までの累計の発電能力は670万キロワットとおよそ原発7基分に相当する。こうした家庭は新たな売電先を探すか、電力を自家消費する。そのためどちらの場合も蓄電池の必要性が高まる。
「飾り窓」のカーテン閉める? オランダ首都の赤線地区、市長が改革案:AFPBB News
オランダの首都アムステルダムの市長が3日、同市の有名な赤線地区「ワレン(Wallen)」改革の一環として、売春婦たちが客引きをする「飾り窓」をカーテンで覆うことを提案した。……同市初の女性市長フェンケ・ハルセマ(Femke Halsema)氏は、セックスワーカー(性労働者)の労働環境改善と犯罪抑止、大規模な観光化による負荷の軽減を目的として4つの案を提示。……オランダは2000年、売春を合法化。セックスワーカーは地元の商工会議所に登録し、所得税を納める。  公式統計によると、アムステルダムの売春ビジネスには、約7000人が従事。うち75%は東欧を中心とする低所得国出身という。

|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« News Headlines - 05 July 2019 | トップページ | News Headlines - 06 July 2019 »