2019.12.29

2019年12月29日のニュース・クリップ

英政府、叙勲千人の住所情報流出 エルトン・ジョンさんら | 共同通信

英政府が27日に公式ウェブサイトで新年の叙勲名簿を発表した際、本来公開対象ではない叙勲対象者の住所を誤って掲載、個人情報を流出させたとして、内閣府が28日、謝罪した。掲載されたのは歌手エルトン・ジョンさんら著名人約1100人の住所。

米LAで「全自家用車の3割をEV化」計画、2028年までに達成へ | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

慢性的な交通渋滞が問題となっているロサンゼルスが、排ガス規制に対する新たな構想を打ち出した。2028年のオリンピック開催都市であるロサンゼルスは、それまでに温室効果ガスを25%削減するという目標を掲げた。
その実現に向けて、市は日産やテスラ、BMW、アウディに加えEVバスメーカーの「プロテラ(Proterra)」やBYD、公営・民営の電力会社の協力を仰ぐという。
エリック・ガーセッティ市長をトップに、ロサンゼルス市や周辺コミュニティ、民間企業などで構成される交通の電動化を目指す団体「Transportation Electrification Partnership」は、今回発表された「Zero Emissions 2028 Roadmap」の中で9年後に向けた具体的な目標を設定した。

米アラスカ、今年は史上最も温かい年に - ロイター

米海洋大気局(NOAA)によると、今年の米アラスカの気温は過去最も高温になるとの見通しを示した。アラスカではこの1年、猛暑や山林火災、海氷溶解、通常は雪が降る冬に雨が降るなど、極端な気象現象が相次いだ。
アラスカがこれまでに最も温かかった記録は2016年で、年間の平均気温が華氏32.5度(摂氏ゼロ度強)と、初めて氷点を上回った。

「ホーム・アローン」テレビ放映でトランプ大統領の出演シーンがカット ネット上で賛否飛び交う - 産経ニュース

カナダ放送協会(CBC)がクリスマスの米ニューヨークを舞台にした人気米映画「ホーム・アローン2」(1992年公開)を今月24日にテレビ放映した際、当時は実業家だったトランプ大統領が短時間出演したシーンをカットしていたとして、トランプ支持者が「検閲だ」などと非難する騒ぎとなっている。
 カットされたのは、マコーレー・カルキン演じる主人公の子供が、当時トランプ氏が所有していたニューヨークのプラザホテルで同氏に話しかけ、ロビーへの行き先を尋ねる、という10秒足らずのシーン。

アメリカで渡す「チップ」はどれぐらいが適正なのか? | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

最近は、ファストフードでもチップをほのめかすところが出てきたし、独立系の小さなカフェでは、クレジットカードを決済する際、タッチパネルで署名をするときに、「チップをどうしますか?」という金額選択画面が出てくるシステムを使うところがとても増えた。
同じアメリカのなかでも、チップ文化は大きく違う。サービス産業に極端に特化した筆者の居住するラスベガスでは、チップの額も大きい。サービスを受けるほうも、自分がサービスを提供してチップをもらうほうだったりすることもあるので、多額のチップをあげて、「お互いさま」という発想の人も多い。トップクラスのホテルだと、バレー駐車係(ホテルの玄関で顧客のクルマを停める人)は、チップだけで年間1000万円以上稼ぐという。

|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« News Headlines - 28 December 2019 | トップページ | News Headlines - 29 December 2019 »