2019.12.30

2019年12月30日のニュース・クリップ

米、シーア派武装組織拠点を空爆 イラクの基地攻撃受け | 共同通信

米国防総省は29日、イラク北部の基地が攻撃を受けて複数の米国人が死傷したことへの報復措置として、イスラム教シーア派武装組織「神の党旅団(カタイブ・ヒズボラ)」の拠点計5カ所に対する空爆を行ったと発表した。同組織はイラン革命防衛隊の支援を受けているとされ、米政府がテロ組織に指定している。
 対象はイラクの3カ所とシリアの2カ所。

ユダヤ人へ憎悪犯罪相次ぐ 米NY州、今月だけで13件:朝日新聞デジタル

米ニューヨーク州で、反ユダヤ主義的思想に基づくとみられる事件が相次いでいる。……クオモ知事によると、ニューヨーク州では12月初旬以降だけで反ユダヤ主義的な思想が背景にあると疑われる事件が13件発生。男(28)が「ユダヤ教徒のクソ野郎」とののしって男性信者(65)を殴るなどのヘイトクライム(憎悪犯罪)が確認されている。男は暴行罪で起訴されている。

米で電子たばこ規制後退 死亡多発も大統領選に配慮:時事ドットコム

米国で電子たばこに絡む肺などへの健康被害が社会問題化している。トランプ大統領はこれを受け、一部製品の販売禁止を一度は打ち出した。……若者に人気が高い、果物などの風味付き電子たばこの販売禁止を表明した。ただその後、たばこやたばこ製品の購入可能年齢を18歳から21歳に引き上げるにとどめる方針へと転換。……米疾病対策センター(CDC)によれば、12月中旬時点で、電子たばこ使用に関連する肺の病気による死亡は54件、入院は2506件に上る。高校生の4人に1人以上が使用しているという。

ロ独首脳が電話会談、「ノルドストリーム2」への支援で合意 - ロイター

ロシアのプーチン大統領とメルケル独首相は29日、電話で会談し、天然ガス輸送パイプライン「ノルドストリーム2」に対して一段の支援を行うことで合意した。クレムリン(ロシア大統領府)が明らかにした。

豪森林火災、観光客に足止めの恐れ 新たな熱波到来:AFPBB News

激しい森林火災に見舞われているオーストラリア南東部で30日、観光客らが足止めされる恐れが出てきた。新たな熱波の到来を受け、消防隊員らはさらなる森林火災の発生に備えている。……ビクトリア(Victoria)州の人気観光地、イーストギプスランド(East Gippsland)地域では29日、気温の上昇と強い風で3か所での大規模火災が勢いを増し、まだ通行できている最後の幹線道路が寸断される恐れがあるとして、当局が3万人以上に避難を求めた。

|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« News Headlines - 29 December 2019 | トップページ | News Headlines - 30 December 2019 »