2020.02.08

2020年02月08日のニュース・クリップ

ブティジェッジ0.1%の僅差で勝利 米民主アイオワ党員集会の集計が完了 | ニューズウィーク日本版

11月の米大統領選に向けた民主党の候補選びの初戦となるアイオワ州党員集会は、遅れていた集計作業が終了し、前インディアナ州サウスベンド市長のブティジェッジ氏が僅差でサンダース上院議員を破った。アイオワ州の党支部が明らかにした。
得票率はブティジェッジ氏が26.2%、サンダース氏が26.1%。
ウォーレン上院議員は18%で3位、バイデン前副大統領は15.8%で4位、クロブシャー上院議員は12.3%で5位だった。

米物言う株主エリオット、ソフトバンクG株3%取得 :日本経済新聞

米有力アクティビスト(物言う株主)のエリオット・マネジメントがソフトバンクグループ(SBG)株を取得したことが6日、明らかになった。投資額は25億ドル(2725億円)以上で、保有比率は発行済み株式数の約3%に達しているとみられる。ハイテク企業への投資判断について懸念を示し、企業統治の改善を求めているもようだ。
関係者によると、エリオット幹部は1月下旬、SBGの孫正義会長兼社長や後藤芳光・最高財務責任者(CFO)、ハイテク投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を統括するラジーブ・ミスラ副社長と面談し、直接懸念を伝えたようだ。

エリクソン、携帯見本市「MWC」出展中止 肺炎対策で  :日本経済新聞

スウェーデンの通信機器大手エリクソンは7日、2月下旬に開かれる世界最大のモバイル機器見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2020」への出展を取りやめると発表した。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が広がっているのに対応する。韓国のLGエレクトロニクスも出展を取りやめると発表している。

東京新聞:新型肺炎 クルーズ船感染者、日本ではなく「その他」 日本が働きかけWHO応じる

クルーズ船のケースを含めれば日本で見つかった感染者は七日午前で、中国に次いで多い八十六人。政府は「日本で感染が広がっているのではないか」との見方が国内外に広がるのを懸念して、WHOに働き掛けを行っており、WHO側も応じたとみられる。……国内向けの発表資料では、クルーズ船だけでなく、政府のチャーター機で武漢から帰国した感染者も「特殊」として別枠で集計。国内で感染したとみられる事例は数件にとどまるため「市中でどんどん広がっている状況ではない」としている。

前田健太の移籍白紙も、大型トレード再検討浮上 - MLB : 日刊スポーツ

18年MVPのムーキー・ベッツ外野手(27)と12年サイ・ヤング賞の左腕デービッド・プライス投手(34)がレッドソックスからドジャースへ。通算123発で実績十分のドジャース・ジョク・ピダーソン外野手(27)がエンゼルスへ、さらに前田健太投手(31)がド軍からツインズへ行くなど、選手の年俸を合計すると70億円を超える大型トレード。成立へ向けて動いていたはずだったが、計4球団の間で行われていた複雑な交渉が、最終局面で急転。各選手への条件調整や、交換要員の大幅な修正を強いられる可能性がでてきた。

|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« News Headlines - 07 February 2020 | トップページ | News Headlines - 08 February 2020 »