2020.02.16

2020年02月16日のニュース・クリップ

英新財務相は「ハゲタカ」出身 日本企業にも要求―39歳スナク氏:時事ドットコム

ジョンソン英首相は13日の内閣改造で、新財務相にリシ・スナク氏(39)を起用した。スナク氏は日本で「ハゲタカ」と呼ばれた英投資ファンドのザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド(TCI)で経営幹部を務めた人物として知られる。
 TCIは2007年から08年にかけて、日本の電力卸大手、電源開発(Jパワー)の大株主として同社に大幅増配を要求し、当時の経営陣と激しく争った。株買い増しをめぐって日本政府ともぶつかり、資本市場で「ハゲタカ」「モノ言う株主」として存在感を発揮した。

クルーズ船から米国民退避 チャーター機、16日に日本着:時事ドットコム

米政府は15日、在日大使館を通じ、新型コロナウイルスの集団感染が発生し、横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から米国人の乗客乗員を退避させるため、チャーター機を日本に派遣すると発表した。大使館によると、チャーター機は16日夜に日本に到着する。……日米関係筋はチャーター機について、羽田空港から17日未明に出発する方向で最終調整中だと明らかにした。同機はカリフォルニア州の空軍基地に向かい、帰国した米国民らは14日間隔離される。

ロシア改憲で領土割譲禁止明記か プーチン大統領が検討指示:中日新聞(CHUNICHI Web)

ロシアのプーチン大統領は13日、改憲案を検討する作業部会で「ロシア領土の割譲禁止」を憲法に明記するための条文案の検討を専門家に指示した。現実になれば日本との北方領土交渉に影響する可能性がある。
 作業部会で著名な俳優のマシコフ氏が領土割譲禁止条項を盛り込むよう提案し、プーチン氏はこれに賛意を表明し指示を出した。

仏 マクロン大統領側近 性的動画流出でパリ市長選立候補撤回 | NHKニュース

フランスでは来月、統一地方選挙が予定されていて、4年後にオリンピックが開催される首都パリの市長選挙には、マクロン大統領の側近で与党「共和国前進」が公認する前の政府報道官、バンジャマン・グリボー氏が立候補を表明していました。
しかしインターネット上にプライベートな性的な動画が流出したことを受けて、グリボー氏は14日、ビデオで声明を発表し、……立候補を撤回しました。

EUベトナムFTAを承認、欧州議会 今夏にも発効へ :日本経済新聞

欧州議会は12日、仏ストラスブールで開いた本会議で欧州連合(EU)とベトナムの自由貿易協定(FTA)を承認した。EU加盟国の承認を経て、EU側の批准手続きは完了する。ベトナム側が速やかに批准すれば、今夏にも発効する見通しだ。……発効後、EUからベトナムへの輸出品の65%の関税が、ベトナムからEUへの輸出品の71%が即時撤廃される。さらにEUは7年、ベトナムは10年かけて最終的に99%の関税を撤廃する。EUはベトナムにハイテク製品や航空機などを、ベトナムはEUに電気機器や衣料品を輸出している。

|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« News Headlines - 15 February 2020 | トップページ | News Headlines - 16 February 2020 »