2020.02.04

2020年02月04日のニュース・クリップ

英、35年にガソリン車販売禁止 ハイブリッドも、日本勢に打撃:時事ドットコム

英政府は3日、ガソリン車、ディーゼル車の新車販売を2035年に禁止すると発表した。ガソリンと電気を使うハイブリッド車(HV)も禁止対象に含める。……英国はこれまで40年のガソリン車とディーゼル車の販売禁止を掲げ、HVは対象外としていた。これを5年前倒しした上、HVも対象に含む方針に変更した

成田・羽田発着数、年100万回へ 欧米主要都市に迫る  :日本経済新聞

国土交通省が31日、成田空港の滑走路延伸と新設を正式に許可し、首都圏の空の玄関口となる成田・羽田両空港の年間発着回数が約100万回に到達する見通しとなった。……100万回を達成すると欧米の主要都市との差が縮まる。ロンドンはヒースロー空港など5空港で約120万回、ニューヨークは3空港合わせて約130万回だ。国際空港としてのネットワーク力を示す就航都市数ではロンドンが400弱、パリが約300なのに対して、首都圏の両空港は160程度と水をあけられている。

東京新聞:ロシア語学習者、半減 国際地位低下

東西冷戦が終結した一九九〇年代初頭と比べて、外国語としてロシア語を学ぶ人が世界で半減したとの分析結果をロシア教育科学省がまとめた。……各国の学校や大学でのロシア語の学習状況を調査した。九〇年初頭は七千五百万人だったが、二〇一八年は三千八百万人に。特に旧ソ連以外の国では二千万人から百万人強まで落ち込んだ。……学習とは別に、ロシア語話者の分析では東欧が九〇年の三千八百万人から近年では八百万人まで減少。ロシアを除く旧ソ連圏では一億二千万人が八千三百万人にまで落ち込んだ。

史上空前の論文捏造事件のどんでん返し|論座

ベル研究所の研究員だったヤン・ヘンドリック・シェーン氏は2000~2001年に、有機材料を用いたトランジスタによって、超伝導から量子ホール効果(半導体の界面などに磁場をかけたとき生まれる量子論的な現象)、レーザー発振、単分子トランジスタなど多彩な新しい物理現象を次から次へと報告し、物理学界を興奮の渦に巻き込んだ。……しかし、2002年になって設置されたベル研の外部調査委員会が、多くの論文がシェーン氏ただ一人による捏造であるとの結論を出した。……ところが、このあと、研究は意外な経過をたどり始めた。……すなわち、20年前の氏の捏造の多くは、形を変えて実現されているのである。

英アカデミー賞「1917」圧勝 ブラッド・ピットさんは「独身」のイギリスへ伝言 - BBCニュース

2020年英アカデミー賞の授賞式が2日、ロンドンであり、第1次世界大戦の戦場を長回しで描いた「1917」が作品賞や監督賞、撮影賞など7部門で受賞した。
クエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」で助演男優賞を得たブラッド・ピットさんは伝言で、「独身」になったばかりのイギリスに「自分も同じだ」とメッセージを寄せた。欠席したピットさんに代わり、共演のマーゴ・ロビーさんがメッセージを代読した。

|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« News Headlines - 03 February 2020 | トップページ | News Headlines - 04 February 2020 »