2020.03.18

2020年03月18日のニュース・クリップ

CNN.co.jp : 中国、米主要3紙の記者を事実上の国外退去処分に

中国政府は18日、同国に駐在する米紙ニューヨーク・タイムズ、ウォールストリート・ジャーナル、ワシントン・ポストの米国人記者に対し、今年中に期限切れとなる記者証を持っている場合は10日以内に返還するよう求める異例の措置を発表した。
中国は近年、外国人記者に発給するビザの期限を1年までに制限しているため、3紙とも相当数の記者が対象となり、国外退去を余儀なくされる。
これまで中国本土から追放された記者らは香港やマカオへ移動していたが、今回の措置では本土だけでなく香港、マカオでの取材活動も禁止された。

トランプ大統領、共和党候補指名を確実に  - 産経ニュース

共和党全国委員会は17日、11月の大統領選に向けた共和党候補指名争いで、再選を目指すトランプ大統領が党候補指名を確実にしたと発表した。南部フロリダ州で同日行われた予備選でトランプ氏が122人の一般代議員を獲得し、党候補指名に必要な代議員数1276人を上回る1330人の代議員を確保したことが判明したため。

プーチン氏の5選可能 改憲法案は合憲―ロシア憲法裁:時事ドットコム

ロシア憲法裁判所は16日、プーチン大統領の5選出馬を可能にする憲法改正法案について、合憲と判断した。4月22日に改憲法案の賛否を問う全国投票が行われ、過半数の賛成が得られれば発効する。
 改憲法案は11日に上下両院で可決され、地方議会も承認。プーチン氏が14日に法案に署名していた。

聖火引き継ぎ式が大幅縮小「残念」森会長は渡航中止 : 日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(82)と武藤敏郎事務総長(76)が17日夜、東京・晴海で緊急会見を開き、19日に予定されていたギリシャ・オリンピアでの聖火引き継ぎ式が大幅縮小されることになったと発表した。五輪を3連覇した柔道男子の野村忠宏さんとレスリング女子の吉田沙保里さんが聖火をリレーする演出もなくなる。森会長と武藤事務総長は渡航を取りやめ、聖火特別輸送機は乗員だけで飛ぶ。18日に行われる予定だった羽田空港での出発式も中止になった。
聖火は既に現地入りしている組織委担当者が宮城の航空自衛隊松島基地へ運ぶことになった。

IOC オリンピック予定どおり開催へ 準備進める考えを確認 | NHKニュース

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて東京オリンピックへの影響が広がるなかIOC=国際オリンピック委員会は臨時の理事会を開き「大会まで4か月あり、今は抜本的な決定をすべき時ではない」として予定どおりの開催に向け準備を進めていく考えを確認し各国際競技団体のトップとの会議でもこの方針が了承されました。……また、日本時間の16日夜に行われたG7=主要7か国の首脳による緊急のテレビ会議で安倍総理大臣が「人類が新型コロナウイルスに打ち勝つ証しとして、完全な形での開催を目指したい」と述べたことをあげ、このことばに表されるようなG7首脳の支持を歓迎するとしています。

|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« News Headlines - 17 March 2020 | トップページ | News Headlines - 18 March 2020 »