2020.03.02

2020年03月02日のニュース・クリップ

米大統領選民主候補者選び ブティジェッジ氏が撤退表明 | NHKニュース

アメリカ大統領選挙に向け、野党・民主党の候補者の指名獲得を目指していた中道派のピート・ブティジェッジ前サウスベンド市長が、選挙戦からの撤退を表明しました。……ブティジェッジ氏は38歳。国政経験は無く、全米ではほとんど無名でしたが、候補者選び序盤の州に資金や人員を集中し、初戦のアイオワ州と2戦目のニューハンプシャー州で左派のサンダース氏とトップ争いをするなど躍進して、注目されました。
また、同性愛者であることを公表し、配偶者とともに選挙運動を行ったことも話題となりました。
しかし、黒人有権者が多いサウスカロライナ州では4位にとどまるなど白人層以外への支持の広がりに欠け、伸び悩んでいました。

新型コロナウイルス感染拡大 欧州各国で対策強化 | NHKニュース

ヨーロッパでは先月下旬にイタリア北部のロンバルディア州で感染者が見つかり、これまでに感染が確認された国は20か国以上に上っています。
このうちイタリアは1日、感染者が前の日より500人以上増えて1694人、死者は34人になりました。
イタリア政府は1日、感染が相次いでいる北部の11の自治体を1週間余りにわたって事実上封鎖していた措置を当面、続けると発表したほか、ロンバルディア州を含む北部の3つの州や、集団感染が確認された地域では、先月下旬から行っている学校の休校措置を今月8日まで延長するとしています。……また感染者の数が130人となったフランスでも1日、集団感染が確認されたパリ近郊の自治体などで学校を休校にする措置に踏み切りました。
さらにフランス全土で5000人以上の規模のイベントを中止にしたほか、あいさつの際のほおへのキスや握手を自粛するよう呼びかけるなど対策を強化する動きが広がっています。

ルーブル美術館が休館に、新型肺炎懸念で職員が勤務拒否 - ロイター

パリのルーブル美術館で1日、新型コロナウイルスへの感染を懸念して職員が勤務を拒否し、休館を余儀なくされる事態となった。
運営側が職員の説得を試みたものの、不調に終わったという。……仏政府は2月29日、5000人以上が集まる大規模な屋内行事の中止などの感染抑制策を公表したが、美術館の休館は含まれていない。

Netflix、CLAMPや乙一、冲方丁らクリエイター6人と提携。日本発アニメ強化 - AV Watch

Netflixは、クオリティの高いオリジナルアニメ作品のラインナップ拡充に向けて、日本を代表するクリエイター6人とのパートナーシップを発表。CLAMP、樹林伸氏、太田垣康男氏、乙一氏、冲方丁氏、ヤマザキマリ氏を、日本を拠点とするアニメの“クリエイティブ・ホーム”に迎え入れ、日本発のオリジナルアニメを強化、世界190カ国へ配信していくという。

マイナス金利、先駆けた欧州はいま ドイツでは訴訟も:朝日新聞デジタル

日本に先駆けてマイナス金利を始めた欧州では、一足先に悪影響が広がる。ドイツでは銀行が顧客の口座のお金にも適用し、是非をめぐる訴訟が起きた。預金は、銀行にとって多くを抱えたくない「余金」にもなる。そんな実情が金融緩和の先進地から浮かぶ。

|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« News Headlines - 01 March 2020 | トップページ | News Headlines - 02 March 2020 »