2020.03.20

2020年03月20日のニュース・クリップ

東京新聞:<新型コロナ>イタリア死者、中国超え 3405人

新型コロナウイルスの感染によるイタリアの死者が十九日、三千四百五人になり、これまで最多だった中国の三千二百四十五人を超えた。感染者の48%が集中する北部ロンバルディア州では医療態勢が限界を迎えている。
 伊保健省によると死者数は前日から四百二十七人増え、感染者数も五千三百二十二人増の四万一千三十五人になった。死亡率は約8・3%で、WHOの推計による世界平均3・4%を大きく上回る。八日に北部州、十日から全土で移動制限を導入したが、感染拡大の勢いは止まっていない。

医療現場が危機的状況のイタリア、医師資格試験を免除し医学生を現場に : 読売新聞オンライン

欧州で最も感染者が多いイタリアでは、ウイルス感染で9人の医師が死亡した。医療調査機関の調べでは、医師や看護師など医療従事者の感染者は2629人にのぼり、院内感染への対策の遅れが指摘されている。
 イタリアでは医師の高齢化が進んでおり、半数が55歳以上とされる。政府は16日、医師資格試験を免除し、約1万人の医学生を通常より8~9か月早く医療現場に送る意向を明らかにした。政府はホテルを病院として代用することも検討している。

バイデン氏、フロリダなど3州全てで勝利確実-米民主党予備選 - Bloomberg

11月の米大統領選に向けた民主党候補指名争いは17日、フロリダ、イリノイ、アリゾナ州で予備選が行われ、3州ともバイデン前副大統領がサンダース上院議員を破り勝利することが確実となった。……バイデン氏は2月29日のサウスカロライナ州予備選で初勝利を挙げて以来、圧倒的な強さを示しており、民主党候補指名獲得に向け順調に進んでいる。

最低映画の祭典ラジー賞「キャッツ」が圧勝 セレモニーは新型コロナウイルスの影響で中止 - 映画.com

最低映画の祭典ラジー賞こと第40回ゴールデン・ラズベリー賞の結果が、3月16日(現地時間)に発表された。
ワースト作品賞に輝いたのは、大ヒット舞台ミュージカルを豪華キャストで実写映画化した「キャッツ」。最多9ノミネートですでに独走状態だった同作は作品賞のほか、ワースト助演男優(ジェームズ・コーデン)&女優賞(レベル・ウィルソン)、ワースト監督賞(トム・フーパ―)、ワースト脚本賞(トム・フーパー&リー・ホール)、ワーストスクリーンコンボ賞(半ネコ人とでも呼ぶべき毛玉たちのあらゆるコンビ)の6部門を制し圧勝した。

CNN.co.jp : テニス全仏オープン、9月開催に変更 選手から批判の声も

フランステニス連盟(FFT)は、当初5月に開催が予定されていたテニスの4大大会のひとつ「全仏オープン」について、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、9月へと開催時期を変更した。……新しいスケジュールでは、全米オープンの最終日のわずか6日後に全仏オープンが始まる。全米オープンのハードコートから全仏オープンのクレーコートに対応するための時間がほとんどないことになるほか、中国・武漢で開催予定の女子テニス協会(WTA)のツアーともぶつかることになる。

|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« News Headlines - 19 March 2020 | トップページ | News Headlines - 20 March 2020 »