2020.05.17

2020年05月17日のニュース・クリップ

WTO事務局長、任期1年残し辞任へ 機能不全に拍車も:朝日新聞デジタル

世界貿易機関(WTO)は14日、アゼベド事務局長が今年8月末に辞任すると発表した。……アゼベド氏の任期は来年8月までで、任期を1年残しての退任となる。……今後数カ月間で次の事務局長選挙を行い、後任に課題を引き継ぐとした。今年6月の閣僚会合がコロナ禍で来年にずれたため、早めにトップ交代して十分な準備期間を確保する意図があると説明した。
 WTOをめぐっては、中国を「途上国」扱いして優遇措置を授けるWTOルールに、米トランプ政権が反発。米国は昨年末、加盟国間の紛争解決の「最高裁」にあたる上級委員会の委員選任を拒み、上級委は機能不全に陥った。アゼベド氏は事態を掌握しきれず、苦しい立場に追い込まれていた。

独 1~3月GDP伸び率-2.2% コロナ影響 長引く悪化懸念も | NHKニュース

ドイツ連邦統計局が15日に発表した、ことし1月から3月までのGDPの伸び率は物価の変動を除いた実質で前の3か月と比べてマイナス2.2%となりました。これはリーマンショックの影響を受けた、2009年の1月から3月に記録したマイナス4.7%以来の落ち込みです。
また、去年10月から12月のGDPの伸び率はマイナス0.1%に下方修正され、景気後退の局面に入ったとされる2期連続のマイナス成長となりました。

東京新聞:<新型コロナ>英の死者 なぜ欧州最多 「封鎖の遅れ」「検査不足」「高い肥満率」「大気汚染」

英国の新型コロナウイルスによる死者数は欧州で最多、世界でも米国に次いで二番目に多い。感染拡大は欧州大陸より遅かったのに、なぜ多くの死者が出たのか。理由を分析する英メディアの報道から、政府の失策や肥満、大気汚染など、七つの要因が見えてきた。……原因について、野党は封鎖の遅れと批判する。……検査不足も指摘される。……肥満率の高さも問題視される。……英紙ガーディアンが指摘するのは大気汚染。……そもそも、ロンドンは九百万人が暮らす周辺国最大の大都市で、欧州一の旅客数を誇るヒースロー空港もあり、感染が広がりやすかったとみられる。
 最近の死者の半数を占める高齢者施設の医療体制の不備も深刻。……最後に、英国ではマスクが浸透しない。……ただ、百万人当たりの死者数は、英国よりいまだイタリアとスペインの方が多い。両国は病院外での死者数を含めておらず、英政府は「感染拡大が収まり、包括的な国際基準に基づく死亡率が出るまで、どの国がよくやったかという評決はくだせない」としている。

戦勝式典リハーサルで感染拡大か 延期決定遅れに批判―ロシア:時事ドットコム

新型コロナウイルスの感染者が累計20万人を超えたロシアで、プーチン政権がこだわった対ドイツ戦勝を祝う軍事パレードが感染を拡大させた疑いが浮上している。独立系メディア「プラエクト」は11日、政権が9日に実施を予定していたパレードのリハーサルに参加した士官学校学生ら少なくとも370人以上が感染していたと報じた。
 国内での感染拡大を受け、プーチン大統領は4月16日にパレードの延期を発表したが、ぎりぎりまで開催に固執したために感染が広がった可能性が疑われている。……各地の軍関係者を集めたリハーサルはモスクワ郊外で3月下旬に始まった。ロシアでは3月末に全土で経済活動が制限され、4月には感染者が増加していたが、プーチン氏の延期発表までリハーサルは続いた。

IOC、東京五輪延期で最大8億ドルの追加負担 バッハ会長が会見 - ロイター

国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は14日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて開催が1年延期された東京五輪について、延期に伴うIOCの追加費用負担は最大8億ドルになるとの見通しを示した。……8億ドルのうち6億5000万ドルは来年の大会開催に関わる費用で、1億5000万ドルは国際競技連盟や各国オリンピック委員会への支援に充てるとした。

|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« News Headlines - 16 May 2020 | トップページ | News Headlines - 17 May 2020 »