2020.06.06

2020年06月06日のニュース・クリップ

欧州内の出入国制限、月内に撤廃 入域禁止緩和は7月に:時事ドットコム

欧州連合(EU)のヨハンソン欧州委員(内務担当)は5日の記者会見で、新型コロナウイルス対策で導入された欧州各国間の出入国制限に関し「われわれは6月末までに移動の自由に立ち戻る」と述べ、月内に全て撤廃されるとの見通しを示した。
 ヨハンソン氏はこれを踏まえ、第三国からEUへの入域を原則禁止する措置は、7月初めからの段階的緩和を検討すべきだとの考えを表明した。

トランプ米大統領、ドイツ駐留軍の縮小指示=当局者 - ロイター

トランプ米大統領はドイツに駐留している米軍3万4500人のうち約9500人を減らすよう指示した。複数の政府当局者が5日、明らかにした。……ドイツから撤退する9500人の米軍兵士は一部がポーランドなど別の国に派遣され、一部は帰国するとした。

米失業率、5月は13%に一転改善 就業者も250万人増 :日本経済新聞

米労働省が5日発表した5月の雇用統計(速報値、季節調整済み)は、失業率が13.3%となり、戦後最悪だった4月(14.7%)から一転して改善した。……景気動向を敏感に映す非農業部門の就業者数も、前月比250万人増加した。
4月は就業者の減少幅が過去最大の2070万人に達したが、5月は一転して大きく持ち直した。……業種別にみると、新型コロナで一時的に休業を迫られていた飲食業が137万人増と、大きく持ち直した。小売業も37万人増えた。

カナダ首相が抗議デモ現場に 米黒人男性暴行死事件、片膝つく | 共同通信

カナダのトルドー首相は5日、米国で起きた白人警官による黒人男性暴行死事件を受けてカナダの首都オタワで行われた抗議デモに参加した。他の参加者と共に地面に片膝をつき、デモへの共感を示した。……トルドー氏は2日の記者会見で、トランプ米大統領の「記念撮影」の際に、デモ隊が強制排除されたことなどについて質問を受け、20秒余りにわたって沈黙。米国に配慮しすぎているとして批判の声も上がっていた。

アルカイダ系最高指導者殺害 仏軍、マリで掃討作戦:時事ドットコム

フランスのパルリ国防相は5日、マリ北部で3日に行った掃討作戦で、国際テロ組織「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ」(AQIM)最高指導者、アブデルマレク・ドルクデル被告を殺害したと明らかにした。……AQIMはアルジェリアを拠点に活動。同国の裁判所は2013年、首都アルジェで07年に起きた連続爆弾テロに関与したとして、ドルクデル被告に対し欠席裁判で死刑判決を下した。

|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« News Headlines - 05 June 2020 | トップページ | News Headlines - 06 June 2020 »