2020.06.10

2020年06月10日のニュース・クリップ

OECD、世界成長マイナス7% 年内のコロナ第2波想定で予測

経済協力開発機構(OECD)は10日、経済見通しを発表し、年内に新型コロナウイルス感染症流行の第2波に見舞われれば、2020年の世界全体の実質経済成長率がマイナス7.6%になると予測した。第2波が回避されてもマイナス6.0%。3月に発表した前回予測は2.4%で、大幅に下方修正した。

バイデン氏の民主党大統領候補指名が確定-AP集計 - Bloomberg

今年の米大統領選でバイデン前副大統領の民主党候補指名が正式に確定したことが、AP通信の集計によって示された。共和党のトランプ大統領に挑むことになる。
  5日夜に公表されたインディアナ州とペンシルベニア州、ロードアイランド州の郵便投票の集計に基づくと、バイデン氏は民主党の大統領候補を選出する全国大会に招集される代議員のうち1993人を確保。指名に必要な1991人を超えた。

CNN.co.jp : 運河で泳いだドイツ人観光客に罰金8万6千円、市外退去に ベネチア

イタリア警察は5日、観光地ベネチアの運河で泳いだドイツ人観光客2人に罰金計700ユーロ(約8万6000円)を科し、市外に退去させる措置を取ったと明らかにした。……この事案は現地時間の3日午後3時ごろ発生。男性観光客2人はリアルト橋付近で上半身裸になると、脱いだ服を放置したまま水中に飛び込み、大運河(カナルグランデ)を横切る形で泳いだという。

CNN.co.jp : ヒキガエルの毒を使った儀式で男性死亡、ポルノ男優逮捕 スペイン

スペイン東部バレンシア近郊で昨年7月、ヒキガエルの毒を使った儀式の最中に男性が死亡する事件があり、法執行当局は6日までに、11カ月にわたる捜査の末、ポルノ男優のナチョ・ビダル容疑者らを故殺の疑いで逮捕したと発表した。
ビダル容疑者の弁護士によると、同容疑者を含む3人は5月29日に逮捕された。……事件は昨年7月、バレンシア近郊エンゲラで発生。男性は「コロラドリバーヒキガエルの有毒の分泌物を吸引する儀式」の最中に死亡したとされる。
依存症回復支援サイトによると、コロラドリバーヒキガエルが分泌する有毒物質「5-MeO-DMT」には幻覚作用が確認されている。

米動画サービスが『風と共に去りぬ』配信停止 人種差別理由に:AFPBB News

米国をはじめとする各国で人種差別と警察の暴力に抗議するデモが拡大し、放送業界が配信内容の見直しを進める中、動画配信サービスHBOマックス(HBO Max)は9日、映画『風と共に去りぬ(Gone with the Wind)』をストリーミング配信のコンテンツから削除した。
 南北戦争を舞台にした1939年公開の同作はアカデミー賞(Academy Awards)9部門を受賞し、インフレを考慮した興行収益で歴代トップに君臨する歴史大作だが、奴隷が不満を言わず、また奴隷所有者が英雄のように描かれているという部分は批判の的にもなっている。

|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« News Headlines - 09 June 2020 | トップページ | News Headlines - 10 June 2020 »