2020.07.28

2020年07月28日のニュース・クリップ

ロシアと中国が月開発で合意 科学研究基地建設へ協力(共同通信)

ロシア国営宇宙開発企業ロスコスモスのロゴジン社長は23日、中国国家宇宙局と最近、月開発で合意したと動画投稿サイト「ユーチューブ」を通じたインタビュー番組で明らかにした。共同で月面での科学研究基地建設を目指すという。……米国は、2024年に2度目の有人月面着陸を目指す「アルテミス計画」を進めており、中ロで対抗する狙いもあるとみられる。

米有力研究所が安倍首相側近を「対中融和派」と名指し - 産経ニュース

米国の有力政策研究機関「戦略国際問題研究所」(CSIS)が米国務省の支援で7月下旬に作成した報告書に安倍晋三首相の対中政策を大きく動かす人物として今井尚哉首相補佐官の名前が明記されていることが明らかになった。報告書は、今井氏が長年の親中派とされる自民党の二階俊博幹事長と連携し、「二階・今井派」として首相に中国への姿勢を融和的にするよう説得してきたと指摘。米側の日本の対中政策への認識として注視される。

オブライエン米大統領補佐官、コロナ陽性 トランプ政権中枢で初:時事ドットコム

米ホワイトハウスは27日、オブライエン大統領補佐官(国家安全保障担当)が新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たと発表した。症状は軽く、自主隔離しており「トランプ大統領、ペンス副大統領に感染する危険はない」としている。トランプ政権高官の感染が判明するのは初めて。

スウェーデン経済は「悪い集団の中では最高」だった…最新の調査報告で | Business Insider Japan

調査会社キャピタル・エコノミクス(Capital Economics)は、7月21日に発表した調査報告書で、スウェーデンの経済はヨーロッパの中で最も影響が小さく、「悪い集団の中では最高」だとした。
スウェーデンはパンデミックによる経済的な影響を免れることはなかったが、2020度第1四半期で経済成長を見せた唯一の国だったと、報告書は述べている。
「スウェーデンの経済は政府による緩やかなロックダウン戦略のおかげで新型コロナウイルスの感染を乗り切り、2020年のGDPが1.5%下落するという我々の予想を大きく上回っている」

米大リーグ、2試合が中止-マーリンズで新型コロナ感染が判明 - Bloomberg

米大リーグ機構(MLB)は、27日に予定していたマーリンズ対オリオールズ戦など2試合を中止した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で60試合の短縮シーズンとなった今季は、数日前に開幕したばかりだった。

|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« News Headlines - 27 July 2020 | トップページ | News Headlines - 28 July 2020 »