2020.07.27

2020年07月27日のニュース・クリップ

日本に続きドイツも「G7拡大反対」…韓国「既得権の壁」越えられないか | 中央日報

ドイツのマース外相は26日、独日刊ライニッシェポスト紙とのインタビューで、「G7と主要20カ国(G20)は合理的に組織された体制。われわれはG11やG12を必要としない」との考えを明らかにした。
特に過去G8に属していたが2014年のウクライナのクリミア半島併合後にG8から除外されたロシアの復帰に否定的な見方を示した。……これに先立ちトランプ大統領は先月の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との電話会談で、G7首脳会議に韓国などを招きG11体制に拡大改編する構想を明らかにした。……トランプ大統領の提案が報道されると、G7各国は日本を筆頭に反対の立場を示した。

成都の総領事館閉鎖 深まる米中対立:時事ドットコム

中国四川省成都にある米総領事館が27日午前10時(日本時間同11時)に閉鎖され、正門から入った中国政府関係者に接収された。中国外務省が明らかにした。……米政府がテキサス州ヒューストンの中国総領事館の閉鎖を求めたことへの対抗措置として、中国政府は24日、成都の総領事館の業務停止を要求していた。

英国、肥満対策計画を発表へ コロナ感染の首相の経験踏まえ:AFPBB News

ボリス・ジョンソン(Boris Johnson)英首相は27日、自身が新型コロナウイルスに感染し生死をさまよった一因が肥満にあったとの考えから、ジャンクフードの広告禁止などを盛り込んだ1000万ポンド(約14億円)規模の肥満対策計画を公表する。……ジョンソン首相が発表予定の「健康増進」計画には、医師が肥満患者に「サイクリングの処方」を奨励することや、サイクリング専用道路の増設、午後9時前のジャンクフードのテレビCM放送禁止などが盛り込まれるとみられている。

ソフトバンクG、英アーム売却に立ちはだかるハードル - ロイター

米半導体大手エヌビディアがアーム買収を検討している。エヌビディアに売却できれば、孫氏にとっては投資収益を回収する絶好の機会だ。……しかし、独占禁止当局はそれほどのんびりとはしていられないだろう。アームの設計はコンピューターやスマートフォン、その他の機器であまりに幅広く使われているため、アームを買収した場合、エヌビディアは米クアルコムなどの競合企業に対し、排他的な力を持つことになる。欧州の独占禁止当局は通常、こうした案件に異を唱えるし、米国の当局も同じかもしれない。
エヌビディアに売却されれば、他の半導体メーカーがアームへの依存を減らざるを得なくなる可能性があり、これは将来の収益を損ないかねない。

山本寛斎さん死去 76歳 国際的ファッションデザイナー | NHKニュース

岐阜市出身の山本寛斎さんは、大学中退後、コシノジュンコさんなど有名デザイナーのもとで働いたあとに独立し、27歳の時に日本人として初めてロンドンでファッションショーを開催し、斬新なデザインと歌舞伎から影響を受けた大胆な演出で注目を集めました。
既成概念にとらわれない前衛的なデザインは、若者を中心に支持を集め、パリやニューヨークなどのコレクションに参加するなど国際的に活躍する一方、デヴィッド・ボウイさんやスティーヴィー・ワンダーさんなど世界的ミュージシャンとも親交を深めました。
日本の神話「因幡の白兎」をモチーフにしたデヴィッド・ボウイさんのステージ衣装は、山本さんの代表作の1つとして知られています。

|

クリップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« News Headlines - 26 July 2020 | トップページ | News Headlines - 27 July 2020 »